FC2ブログ
「たかはた自然形体院」では自然形体療法の施術・健康管理士の知識と共に
皆様の健康のお役に立てるように日々勉強に努力致します



 健康コラム【O157に気をつけましょう】

各地でO157による食中毒のニュースが取り上げられ
ています。
O157による食中毒は、多くが軽い症状だけで回復し
ますが、重症化すると合併症の併発や死亡に至るこ
ともあります。
特に気温が高い初夏から秋にかけて多発する感染症
ですが、気温が低い時期でも発生するので、一年を
通して注意が必要です。感染を予防するためにも
O157の基本知識と正しい対策を確認しておきましょう。

     O157の特徴

O157は強い毒素を産生する腸管出血性大腸菌の代表
的な細菌のひとつです。

<特徴>
・強力な感染力
 胃酸の中でも生き残り、少ない細菌数でも感染する

・強い毒素の産生
 ベロ毒素と呼ばれる毒素を産生し、出血をともな
 う腸炎などを起こす

・潜伏期間が長い
 潜伏期間が4〜9日と長く、原因食品・感染源が特
 定されにくい

<症状>
4〜9日の潜伏期間の後に症状が現れます。

・激しい腹痛、水様性下痢、血便、発熱

広い年齢層で発症しますが、乳幼児と高齢者は重症
化や合併症を起こしやすく、死亡することもあるた
め、激しい腹痛や血便がみられる場合は、早めに医
療機関を受診しましょう。
症状がなくなった後も1〜2週間は細菌が腸の中に存
在し、便に排せつされるため、家族感染には十分な
注意が必要です。

<感染経路>
・飲食物を介する経口感染

O157は肉や魚介類、飲料水など幅広く生息してい
ますが、牛や豚などの家畜の糞便から土壌にうつ
り、野菜や食物を汚染します。
人から人への空気感染や接触感染はありません。

    O157の予防方法

<食中毒予防の3原則>
・菌を付けない
・菌を増やさない
・菌を殺す

<予防のポイント>
・手洗いを徹底する
・調理器具を消毒する
・食品の鮮度を保つ
・食肉は75℃で1分以上の加熱
・野菜と生肉で同じ包丁やまな板は使わない
・タオルや衣類の共有は避ける
・トイレや洗面所、ドアノブなどはこまめに消毒する

<家族の中に患者がいる場合の二次感染予防>
・患者の糞便の処理はゴム手袋を着用して行う
・患者が使用した寝間着、下着等は、他の家族の
 ものとは別に漂白剤につけてから洗濯する
・入浴は家族と一緒を避け、最後に入る
・タオルの共用はしない
・トイレのドアノブ、水を流すレバー、電気の
 スイッチなどは念入りに消毒する

  ( 健康管理士一般指導員 情報より)

予約優先で受け付けております
事前のご予約をお勧めしております

営業日時のご案内
  月曜日~金曜日 10:00~12:00 15:00~20:00
  (火曜日.木曜日:さくらがおか自然形体院にて健康教室のため休診時間がある場合があります)
  土曜日 10:00~12:00 
  (研修会・勉強会などで不定期にお休みをいただく場合があります)





ここまで読んで頂き、誠に有難うございます


12モコ1
我が家のモコちゃん

東京都日野市高幡3‐9 谷ビル2階
予約 お問合せ042-595-9951

京王線・高幡不動駅 徒歩1分

多摩都市モノレール・高幡不動駅 徒歩5分
高幡不動尊参道内
赤い鳥居をお不動様に向かって入って来てください
肩こり・腰痛・膝痛・オスグット等のスポーツ障害
高濃度酸素オイルO2クラフト取扱店
「ユーグレナピュア」正式販売店
たかはた自然形体院
  ↑  ↑  ↑
ホームページです (お休み中)

P9190005.jpg
入口の看板です  
2階にお上がりください
2017.09.22 Fri l 健康教室 l top ▲